新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ゴマフエダイ」はこちら >>
◆食べてみる◆
 秋に入荷したもの。
 刺身にして血合いが美しく美味。
 他には塩焼き、ムニエル(ポワレ)など料理を選ばないクセのない魚。
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
参考文献/『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
大分県産
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目
スズキ系スズキ目スズキ亜目
フエダイ科フエダイ属
ゴマフエダイ
Lutjanus argentimaculatus
その他のフエダイ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆刺身(カルパッチョ、マリネー)/
ムニエル/ポワレ/煮つけ/塩焼き
◎非常に美味
市場での評価・取り扱われ方◆大分県から入荷してきたもの。市場では画像のもの一度しか見ていない。
ゴマフエダイの基本◆
■調べているところ。
生息域◆南日本。インド、西太平洋。
生態◆調べているところ
大きさ◆70センチ前後になる
漁獲方法◆調べているところ
漢字◆「胡麻笛鯛」。
由来◆鱗(うろこ)上に黒い斑紋(胡麻模様)があるため?
呼び名・方言◆
「かーすび」(沖縄)、「あかしび」(宮崎)。
中国名「紫紅笛鯛」。
釣り◆調べているところ
刺身にして色合いが美しく、しかも美味。上物の気品がある。



関連コンテンツ