新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ベニマトウダイ」はこちら >>
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者
市場での評価・取り扱われ方◆底曳網などでとれるもの。一般に食用とはしない
生息域◆北海道南部以南、東シナ海。駿河湾、遠州灘、熊野灘、土佐湾。沖縄船状海盆、九州からパラオ海嶺、キューバ。
生態◆調べているところ
大きさ◆30センチ前後になる
漢字◆「紅的鯛」、。
由来◆
マトウダイに似て赤いため。
呼び名・方言◆調べているところ
食べ方◆干物/唐揚げ/刺身

 駿河あまりとれない上に身が柔らかいので、普通は底曳網でとれても捨てられることが多い。
◆食べてみる◆
 本種をみつけると身に水分が多いので持ち帰り干物にする。焼くとアマダイにあるような風味があり白身でなかなか旨い。また新鮮なら刺身にもできる。旨味があり悪くない。
●同定は『日本産魚類検索 全種の同定 第二版)
●静岡県沼津産
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨区正新骨下区棘鰭上目マトウダイ系
マトウダイ目ベニマトウダイ科ベニマトウダイ属
ベニマトウダイ
Parazen pacificus Kamohara
他のマトウダイ目の魚にはここから!



関連コンテンツ