新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヨシエビ」はこちら >>
根鰓亜目クルマエビ科ヨシエビ属 ヨシエビ Metapenaeus ensis
他のクルマエビ科のエビにはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★★
■市場への入荷は少ないもの。主に西日本や三河湾などでとれ地方で消費されることが多い
漢字◆「葦蝦」
呼び名・方言◆大阪では「しらさえび」、高知では「きえび」などと呼ばれてあまり関東に来ることなく地元で消費されている。
食べ方◆
天ぷら/茹でえび/刺身
大きさ◆ 15~18センチにまでなる。ただし市場などにくるものは10センチ以下が多い
生息域◆東京湾、富山県以南に棲息。

 年々、減少傾向にあるのではないか? 我が国の内湾はきれいになったと言われている。それでも内湾の生き物自体が減少しているのだ。

■四国などでは生きている状態で市場に並ぶ。当日は刺身で食べられるのだが、これが絶品である。大阪
などでは生きている状態で入荷する。生きているのをそのまま、剥いては食べ、剥いては食べる。野趣溢れるがこれがいちばんうまい。またこのかき揚げ、天ぷらの甘さ旨味の強さはすばらしい。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●シバエビに混ざる。八王子魚市場
→(左)長崎風天ぷら。言わば江戸伝来のフリッターである。衣に重曹、砂糖、しょうゆなどで味つけして揚げたもの
(右)エビの味をを見るのには茹でるのがいちばん。ほんのり甘くてプリっとしている


関連コンテンツ