新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「トゲミノエビ」はこちら >>
赤味はやや弱い。ミノエビとしてはほっそりしている。
ミノエビ科について◆
■国内でとれるのはアカモンミノエビ、ミノエビ。海外からは紅ボタン、マルゴシミノエビがあがって食用となる。
節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱
エビ上目十脚目抱卵亜目
タラバエビ科ミノエビ属
トゲミノエビ
Heterocarpus dorsalis Bate, 1888
その他のタラバエビ科のエビにはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆刺身/塩焼き/天ぷら(かき揚げ)/煮つけ
○美味
大きさ◆■12センチほどになる?
生息域◆調べているところ。
生態◆調べているところ。
市場での評価・取り扱われ方◆かなり珍しい深海のエビ、食用とするほどにはとれない
トゲミノエビの基本◆
■珍しいエビ。
漁獲方法◆底曳網
漢字◆
■「棘蓑蝦」、「棘蓑海老」。
由来◆■不明。「ミノエビ」は蓑(みの カヤ、スゲなどで作った雨具)を着たような形に見えるから、だと思われる。
「エビ」について
■「エビ」という言葉は分類学的には十脚目以外の動物にも使われる。科学的な原語ではない。
「海老」と当て字をするのは腰が曲がり、髭を生やした老人に似るため。長寿という意味合いから正月などの飾りにも用いられる。
漢字◆
「海老」、「蝦」、「魚へんに暇の右」。
由来◆
「体色がえび(ブドウ)に似ているから」。
「『吉髭(えひげ)』の約転」。
「『枝髭(えだひげ)』、『枝髭(えひげ)』の意味」。
「『え』は『江』、『ひ』は『髭』」。
呼び名・方言◆調べているところ。
◆食べてみる◆
 まだ食べていない
 詳細などは調査中。
同定者/駒井智幸(千葉県立中央博物館)
●三重県尾鷲産。岩田昭人さん(「一日一魚」の制作者)から。詳しくは『一日一魚』
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する


関連コンテンツ