新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ミノエビ」はこちら >>
頭が大きく、胴が短い。胴の部分の殻が蓑をかぶったように見える。身体にははっきりした紋がない。
ミノエビ科について◆
■国内でとれるのはアカモンミノエビ、ミノエビ。海外からは紅ボタン、マルゴシミノエビがあがって食用となる。
節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱
エビ上目十脚目抱卵亜目
タラバエビ科ミノエビ属
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆刺身/塩焼き/天ぷら(かき揚げ)/煮つけ
○美味
大きさ◆■10センチほどになる。
生息域◆千葉県から鹿児島県沖、水深300~500メートルに棲息。
生態◆調べているところ。
市場での評価・取り扱われ方◆底引き網などの産地では食べられる。あまり知られていないので商品価値は低い。産地では高値で取り引きされる場合がある。
ミノエビの基本◆
■静岡県沼津、愛知県三河湾、三重県尾鷲、宮崎県延岡など底曳網で漁獲されている。
■世界中にミノエビの仲間がいて輸入ものもある。
漁獲方法◆底曳網
漢字◆
■「蓑蝦」、「蓑海老」。
由来◆■蓑(みの カヤ、スゲなどで作った雨具)を着たような形に見えるから、だと思われる。
「エビ」について
■「エビ」という言葉は分類学的には十脚目以外の動物にも使われる。科学的な原語ではない。
「海老」と当て字をするのは腰が曲がり、髭を生やした老人に似るため。長寿という意味合いから正月などの飾りにも用いられる。
漢字◆
「海老」、「蝦」、「魚へんに暇の右」。
由来◆
「体色がえび(ブドウ)に似ているから」。
「『吉髭(えひげ)』の約転」。
「『枝髭(えだひげ)』、『枝髭(えひげ)』の意味」。
「『え』は『江』、『ひ』は『髭』」。
呼び名・方言◆
■三重県尾鷲市では
「オニエビ」
■宮崎県延岡市では
「ガラエビ」
◆食べてみる◆
 生のうまさにびっくりした。さっぱりして少ないながら甘み旨味があり、食感がいい。
 刺身以外では塩焼きが美味。
 静岡県沼津市の漁師さんたちは、煮つけ、みそ汁にしてしまうが、これもまことにうまい。
 残念なのは歩留まりが悪いところ。
●アカモンミノエビとミノエビの食味はかわらない。
寿司のことは寿司図鑑に!
同定/『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、飯塚栄一
参考/『日本語源大辞典』(小学館)、『海老』(酒向昇 法政大学出版局)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
赤味が薄く、甘みもやや少ないものの、食感がいい。


関連コンテンツ