新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ハコエビ」はこちら >>
甲殻綱十脚目イセエビ下目イセエビ科ハコエビ属
ハコエビ
Linuparus trigonus (Von Siebolt,1824)
イセエビ科の他のエビにはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆ゆでる/焼く/みそ汁
◎非常に美味
市場での評価・取り扱われ方◆主に産地などで消費される。流通することは希。イセエビなどと比べると安いものの、高値。
ハコエビの基本◆
■シーボルト(1796〜1866)が自ら集め、オランダに持ち帰り、新種記載したもの。
■産地限定の安いエビとされてきた。
■とれる量が少ない。
■ハコエビの仲間は輸入もされている。
生息域◆千葉県、島根県から九州。黄海、東シナ海、アフリカ東岸、オーストラリア東南岸。
生態◆イセエビが岩礁などに多いのに対して、水深70メートル〜120メートルの砂泥地に棲む。
大きさ◆甲長30センチを超える
漁獲方法◆刺し網
漢字◆「箱蝦」、「箱海老」。
由来◆頭(甲羅の部分)がが四角くて箱のようであるためか?
呼び名・方言◆
■静岡県沼津市では「鎌倉えび(かまくらえび)」。
■静岡県榛原郡吉田町では「ぞうえび」。
■三重県尾鷲市など「泥蝦(どろえび)」と呼ぶ地域もある。
釣り◆調べているところ
◆食べてみる◆
 静岡ではイセエビよりも安いことから何度か食べた。
 身はイセエビと同じようであるが、柔らかく、茹でると痩せ、旨味はやや劣る。
 ただし殻からの身離れはよく、比べなければなかなか旨いエビである。
 他には焼く、もしくはみそ汁などになる。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
参考/『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●静岡県沼津市 佐政水産 青木修一さんから
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
蒸すときれいな赤い色合いになる。やや水っぽいが味はいい


関連コンテンツ