新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「トラエビ」はこちら >>
根鰓亜目クルマエビ科アカエビ属 トラエビ Metapenaeopsis acclivis(Rathbun,1902)
他のクルマエビ科のエビにはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
メス。クルマエビ科はメスが大きくなる
オス。額角など形態がかなり違う。むしろ文様に共通性がある
魚貝の物知り度/★★
■瀬戸内海などでの小えびのひとつ
●漢字「虎蝦」、「虎海老」
かき揚げ、唐揚げ他

 三河湾、瀬戸内海、有明海などの浅い泥質の海底に棲息。
 額角の形状や色合いからは種の判別は難しい。一般に小エビとして利用されているものにはアカエビ属、ヨシエビ属の数種が含まれるというがこれもそのひとつ。
 香川県などでは小エビの代表的なものとして「じゃこ」「本じゃこ」と呼ぶ。徳島県市内津田漁港ではサルエビなどに対して「ひめえび」、単に「小えび」とも言う。
■かき揚げ、茹でえびなどにして美味。
同定者/駒井智幸(千葉県立中央博物館)


関連コンテンツ