ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

メルルーサ

一般的な意味での「メルルーサ」についてのまとめページです。

「メルルーサ」と呼ばれるもの一覧

印は「メルルーサ」ですがそれ以外はメルルーサの仲間ではありません。

  • ケープヘイク

    海水生。アンゴラ〜南アフリカ沖。 水深40メートル〜900メートル。1960年代に日本船が漁獲、国内に入ってきたもの。メルルーサには何種類かあるが、代表的な種のひとつ。 一時は白身魚の定番的なもので、スーパーなどによく並んでいたが、近年は不安定。 ドレス(頭と内臓をとったもの)、フィレ(三枚に下ろしたもの)で加工品、飲・・・
    ケープヘイクのページへ
  • デコラ

    海水魚。水深30-700m。 南アメリカ大陸(南半球)アルゼンチン、チリ沖。ホキ属で重要な3種。 ニュージーランド・オーストラリア/Macruronus novaezelandiae(ホキ) アルゼンチン・チリ/Macruronus magellanicus(デコラ) 南アフリカ/Macruronus capensis・・・
    デコラのページへ
  • ニュージーランドヘイク

    海水生。ニュージーランド、オーストラリア南東沖。 水深400メートル〜1000メートル。メルルーサには何種かあるが、もっとも代表的なもの。 1975年から日本船で漁獲、国内で販売されるように。 白身で非常に味がよく、資源量も安定している。
    ニュージーランドヘイクのページへ
  • ホキ

    海水魚。水深200-700m。 オーストラリア南、ニュージーランド海域の水深200〜700メートルに棲息。ホキ属で重要な3種。 ニュージーランド・オーストラリア/Macruronus novaezelandiae(ホキ) アルゼンチン・チリ/Macruronus magellanicus(デコラ) 南アフリカ/Macr・・・
    ホキのページへ