ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

マンボウ

一般的な意味での「マンボウ」についてのまとめページです。
標準和名「マンボウ」のページはコチラになります。

「マンボウ」と呼ばれるもの一覧

印は「マンボウ」ですがそれ以外はマンボウの仲間ではありません。

  • アカマンボウ

    海水魚。外洋表層性。 北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、津軽半島〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、琉球列島、東シナ海。 世界中の暖海域。世界中の暖海域にいる魚で同科は世界中に1属2種。 マグロ延縄漁の行われる漁港などに水揚げされている。非常に大きいので産地周辺で解体されることも多い。フィレの他には加工品原料となることも多い・・・
    アカマンボウのページへ
  • マンボウ

    海水魚。北海道以南。北半球の太平洋、大西洋。 外洋生で海の表層を遊泳。全世界の暖かい海を遊泳する。 その独特の姿から、水族館などでも人気が高い。 ただ飼育が非常に難しく、国内の水族館などで最長飼育記録を競っている。 食用魚としては古くは海辺、産地周辺だけで食べられる、非常にローカルな魚だった。 それが徐々に流通に乗るよ・・・
    マンボウのページへ
  • ヤリマンボウ

    海水魚。本州日本海、宮城県以南の太平洋、伊豆諸島。世界中の温帯・熱帯域。定置網などで揚がるもの。 マンボウ類は基本的に漁港周辺で解体されるので、本種がどれほど流通するのかわからない。 関東の定置網にはときにまとまって入る。
    ヤリマンボウのページへ