ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

サワラ

一般的な意味での「サワラ」についてのまとめページです。
標準和名「サワラ」のページはコチラになります。

「サワラ」と呼ばれるもの一覧

印は「サワラ」ですがそれ以外はサワラの仲間ではありません。

  • カマスサワラ

    海水魚。南日本。世界中の温帯・熱帯域。 表層を遊泳。比較的暖かい地域の外洋でとれるもの。 とれる量もマグロ類と比べると少なく、味の点から非常に値の安い魚である。 大型魚で姿のままで小売り店に並ぶことはまずない。 お弁当の焼きもの、小売り店の切り身などとなって売られている。 淡泊な味わいでクセがなくカロリーが低いので、も・・・
    カマスサワラのページへ
  • サワラ

    海水魚。沿岸表層性。 北海道南部〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海。東シナ海大陸棚域、朝鮮半島南岸・西岸、済州島、黄海、渤海、台湾。サワラは、和食の基本的な素材のひとつ。冠婚葬祭などの膳にもよく利用されている。焼き物、吸い物などなくてはならない存在といえそう。和食離れが進みつつあって、この基本的な素材と・・・
    サワラのページへ
  • ヨコシマサワラ

    海水魚。沿岸表層群遊性。 新潟県佐渡、石川県珠洲山口県日本海側、長崎県、琉球列島。朝鮮半島南岸西岸、台湾、広東省、海南島、インド〜西太平洋。サワラよりも大型で国内での漁獲量が少ない。 意外に市場などで探しても、見つからないという魚である。 一般には切り身として出回る。 大型になり、クセのない味であるが、サワラと比べると・・・
    ヨコシマサワラのページへ