ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

グチ

一般的な意味での「グチ」についてのまとめページです。

「グチ」と呼ばれるもの一覧

印は「グチ」ですがそれ以外はグチの仲間ではありません。

  • キグチ

    海水魚。東シナ海。黄海、渤海。水深120メートルより浅い砂泥地。東シナ海での底曳き網(以西底曳き網)の盛んなころには、入荷量も多かったという。 ニベ類では非常に味のいいことで知られている。 また韓国料理にはなくてはならないもの。
    キグチのページへ
  • クログチ

    海水魚。南 相模湾〜土佐湾の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚域、少ないが瀬戸内海。朝鮮半島南岸、済州島、黄海、中国東シナ海・南シナ海沿岸、台湾、フィリピン諸島、スラウェシ縞北東端、アラフラ海、南アフリカ東岸。東日本よりも西日本でよく食べられている。九州などに行くとよく見かける。身は刺身に皮は別立てで売られているのを見たことが・・・
    クログチのページへ
  • シログチ

    海水魚。東北以南、東シナ海。黄海、渤海、インド・太平洋域。 水深20メートル〜140メートルの砂泥地。以西底曳き網で大量に水揚げされていたもの。 練り製品の原材料として重要で、小田原で蒲鉾がさかんに作られるようになったのも、九州で水揚げされるシログチのためだとも言われている。 鮮魚としても人気がある。 関東では塩焼き用・・・
    シログチのページへ
  • ニベ

    海水魚。近海の浅い泥底。 新潟県〜島根県・東北三陸地方・瀬戸内海(少ない)、仙台湾〜九州南岸の太平洋沿岸。朝鮮半島南西岸、済州島。シログチが内湾に多いのに対して、外洋に面した浅場にいる。 鮮魚としてシログチとともに入荷量の多いもの。 一般には塩焼き用の魚とされる。
    ニベのページへ