ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヘダイ属

Classification Sparus Linnaeus,1758

タイ科について

定置網に入ったタイ科の魚 スズキ目(Order : erciformes)、スズキ亜目(Suborder : Percoidei )タイ科(Family : Sparidae)にあたる。
 タイ科にはヘダイ亜科(Sparinae)、マダイ亜科(Pagrinae)、キダイ亜科(Denticinae)の亜科がある。国内に生息する属と種。
■ヘダイ亜科
ヘダイ属(Genus : Sparus Linnaeus,1758)ヘダイ
クロダイ属(Genus : Acanthopagrus Peters,1855)クロダイ、キチヌ、ナンヨウチヌ、ミナミクロダイ、オキナワクロダイ
■マダイ亜科
タイワンダイ属(Genus : Argyrops Swainson,1839)タイワンダイ
マダイ属(Genus : Pagrus Cuvier,1816)マダイ、アオボシマダイ
チダイ属(Evynnis)チダイ、ヒレコダイ
■キダイ亜科
セナガキダイ属(Genus: Cheimerius Smith, 1938)ホシレンコ
キダイ属(Genus : Evynnis)キダイ、キビレアカレンコ(アカレンコ)

ヘダイ属について

定置網のヘダイ 赤いタイに対して銀色で黒みがかったタイがいる。クロダイ属とヘダイ属である。
 国内に生息するヘダイ属はヘダイ1種で赤いタイ、クロダイなどタイ科にあっては知名度が低い。
 国内のヘダイは漁獲量においてもタイ科のなかでは少なく、味のいい魚である割りには値段が低い。
 ヘダイ属をもっとも好んでいるのはヨーロッパ地中海周辺で、ヨーロッパヘダイ(Sparus auratus (Linnaeus,1858))は養殖されてもいて、この地域を代表する白身魚だ。

ヘダイ属に属する仲間一覧