ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

チダイ属

Classification Evynnis

タイ科について

定置網に入ったタイ科の魚 スズキ目(Order : erciformes)、スズキ亜目(Suborder : Percoidei )タイ科(Family : Sparidae)にあたる。
 タイ科にはヘダイ亜科(Sparinae)、マダイ亜科(Pagrinae)、キダイ亜科(Denticinae)の亜科がある。国内に生息する属と種。
■ヘダイ亜科
ヘダイ属(Genus : Sparus Linnaeus,1758)ヘダイ
クロダイ属(Genus : Acanthopagrus Peters,1855)クロダイ、キチヌ、ナンヨウチヌ、ミナミクロダイ、オキナワクロダイ
■マダイ亜科
タイワンダイ属(Genus : Argyrops Swainson,1839)タイワンダイ
マダイ属(Genus : Pagrus Cuvier,1816)マダイ、アオボシマダイ
チダイ属(Evynnis)チダイ、ヒレコダイ
■キダイ亜科
セナガキダイ属(Genus: Cheimerius Smith, 1938)ホシレンコ
キダイ属(Genus : Evynnis)キダイ、キビレアカレンコ(アカレンコ)

チダイ属について

市場で売られている春日子 国内に生息するチダイ属(Evynnis)はチダイ、ヒレコダイの2種類である。チダイは水産的にも重要で主に東日本太平洋側で好まれている。
 ヒレコダイは国内ではむしろ珍しい魚だ。
 チダイは『和漢三才図会』(正徳2年 寺島良安)に〈大きさは大抵一、二尺、小さくて一、二寸のものを加須吾鯛(かすごだい)という。〉とあるのがチダイだと思われる。東京の江戸前ずしの「春日子(かすご)」はマダイ、チダイの酢じめだが、「チダイの方が華やか」であるとして好んで使う職人も多い。

チダイ属に属する仲間一覧