新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ホシササノハベラ」はこちら >>
黄土色もしくは緑がかった色合い、やや赤いのもある。ササノハベラ属2種は似ているが、目の下の黒っぽい褐色の筋がまっすぐに後方、もしくはほんの少し下方に曲がる。胸鰭(むなびれ)には遠く届かない。背などに斑紋がある。
アカササノハベラのページへ
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目ベラ亜目ベラ科ササノハベラ属
ホシササノハベラ
Pseudolabrus sieboldi Mabuchi and Nakabo
他のベラ亜目の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆塩焼き(干物)/煮つけ/刺身
○美味
大きさ◆20センチ前後になる
生息域◆日本海では青森、太平洋側では千葉県以南。済州島、台湾。
生態◆
産卵期は夏から秋。
雄を中心に縄張り、ハーレムを形成する。
性転換する。小さいときはすべて雌、産卵後群の優位にある雄が死ぬもしくはいなくなると、大きい優位にある雌が順番に雄に性転換する。
肉食性で環形動物、甲殻類などを捕食する。
岩礁地帯と砂地が連続するような場所に多い。
ササノハベラ属2種ではホシササノハベラが浅場に、アカササノハベラがやや深い場所に生息。
寒くなると砂にもぐって冬眠する。
昼活動、エサをあさり、夜眠る(休む)。
市場での評価・取り扱われ方◆関東の市場などに来ることはほとんどない。雑魚なので値段も安い。これが関西瀬戸内では味の良いのが知られており、値がつく。
ホシササノハベラの基本◆
過去にはホシササノハベラとともにササノハベラとして1種であると思われていた。
過去にはアカササノハベラはササノハベラの雌(メス)、ホシササノハベラは雄(おす)と思われていた。
■瀬戸内海、大阪湾など西日本ではよく食べられている。東日本ではあまり食べられることもない。
漁獲方法◆刺し網/底曳網/釣り/定置網
漢字◆
「星笹之葉倍良」。
「星笹葉遍羅」。
「星細小の歯遍羅」。
由来◆
星(斑紋)のあるササノハベラ。
「べら」について◆
■「へら」は「平たい」ことをさす。「平たい魚」で「へら」。それが「べら」となる。
■「箆(へら)」に似ている。「箆」は平たく細長い。鼈甲(ベッコウ)、竹などでつくられた、物や汚れをかき出す道具。
■「べろ(舌)」に似ている。
「べろ」「べり」、「べりべり」ともいう。
呼び名・方言(アカササノハベラと混同)◆
■関東の市場では単に「ベラ」。
■種が分離したことを知らないために「ササノハベラ」。
■愛知県一色で「オジョウ」。
■神奈川県相模湾周辺、三重県尾鷲市で「アカベラ(赤べら)」。
■京都府網野町「ブンジ」。
「ベロ」、「モイオ」、「モクズ」、「ヤナギハ」、「ヤナギノハ」、「アカベロ」、「ヒョウタンギザミ」、「ヒョコタンギザミ」、「トンケイ」、「トントン」、「ヒメギソ」、「ヒナギソ」、「ノメリコ」、「ゴンギョウ」、「グンジ」、「グンジロ」、「ガチ」、「イモホリ」、「ヒメトコ」、「カンスケベラ」、「マタホ」、「カマタキ」、「ムギタネ」。
「ハチ」、「ヒコゼ」、「ヒコジ」、「ダイコク」、「ガチガチ」、「トンケツ」、「ムギメシ」、「ゴマンジョオ」、「ヨメッコ」、「タッカリ」。
ササノハベラ属の呼び名・方言へ

釣り◆防波堤からのぶっこみ釣りや、浮きづりに釣り上がる。これらの釣りの代表的な外道。
◆食べてみる◆
 キュウセンよりもやや味が劣るように感じるが、やはりうまい魚である。
 刺身になるが身自体にあまり味がなく、皮付きのまま焼き霜造り(皮をあぶる)にしてうまい。
 塩焼きはうまい。皮や頭の周辺が香ばしく、白身の部分よりも数段上。食べた後に骨湯を楽しむのもいい。
 煮つけは瀬戸内などでの定番料理。なかなかいい味わいだ。煮つけたものをひと晩おき、焼くのだけど、面白い味わいとなって楽しい。
●注/食味などはホシササノハベラと共通。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
参考/『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日文庫)、『魚』(1940 田中茂穂 創元社)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ