新コンテンツはこちら
魚貝の物知り度/★★ 知っていると達人級
市場での評価・取り扱われ方◆目立たぬながらも入荷量はのびている。値段はやや高め
生息域◆ニュージーランド北島、夏には南島にも回遊。
大きさ◆20センチ前後
漢字◆「南縞鰺」
由来◆南半球でとれるシマアジの意
呼び名・方言◆
関東の市場では単に「しまあじ」。
食べ方◆ 刺身(カルパッチョ、マリネー)/塩焼き/ムニエル

 これだけ見ているとシマアジとほとんど見分けがつかない。値段で「ニュージーかな?」なんて築地で言われたことがある。鮮魚で輸入されて刺身にもできるので、人気が増しているようだ。
◆食べてみる◆
 シマアジとまったく区別がつかない。ただし空輸といっても鮮度は最高の状態ではない。養殖にするか南半球のシマアジにするか、値段的には選択の余地はあるだろう? 塩焼き、ムニエルなどいろいろ利用できそうだ。
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目アジ科シマアジ属
ミナミシマアジ
Usacaranx lutescens
他のアジ科の魚へはここから!




関連コンテンツ